iPhoneのアプリの進化について

アプリの歴史

その高いデザイン性と革新的な機能で支持を得ているiPhone。そのアプリケーションの歴史をご存知でしょうか。様々な機能を持つアプリは一体どのように進化してきたのか、時間軸をなぞって追っていきましょう。

意外なのは、初代iPhoneの登場時、「日本には根付かないのではないか?」という意見が少なくなかったことです。しかし、その後、技術情報が解禁、AppStoreの登場によりサードパーティによる多くのアプリが登場することになります。アップル独自の革命といっても良い音声認識アプリのSiri、Apple Pay、Apple Musicなども我々の生活を大きく変えました。iOS10で対応されたHOMEアプリの存在も見逃せません。

初代iPhoneが発表された当初、日本ではまだガラケーが主流の時代でした。尚且つ日本独特の携帯文化が発達していたため、海外の会社が入り込める隙が無いのではないかと思う人が多かったのです。また、初代iOSであるOS Xは誰でも気軽にアプリが開発出来るものではなく、アップル社とごく限られた一部のサードパーティーによる製品ばかりが並んでいたという時代がありました。しかし、iPhone OS SDKのリリースにより市場は解放され、今のアプリ業界の盛り上がりを産むことになります。

色々な歴史を歩んで進化を遂げてきたiPhoneのアプリの世界。今話題になりつつあるHOMEアプリは家電を声1つで全てコントロール出来るという未来を絵に描いたようなアプリです。今後も想像も付かないようなアプリの進化が待っていることでしょう。